ULTRA JAPAN 2018に行ってきたので、感想・準備など振り返る

f:id:hayashi8shinji:20180915152211j:plain先日お台場で開催されたULTRA JAPAN 2018に行ってきました。

人混みは苦手ですがお祭り事が好きな私。矛盾しておりますが…

 

来年も機会があればまた、参加したいと思っております。

ただ、今年も開催が危ぶまれた事もあったので来年はどうなることやら…

音楽好きの間ではEDMは衰退したとも言われておりますので、難しいところではありますが、他のフェスでは味わえないULTRA JAPAN特有の雰囲気、楽しさがあるので、来年にも期待したいと思います。

 

今回はURTLA JAPANを振り返っていきたいと思います。

 

 

ULTRA JAPAN とは

ウルトラ・ジャパン(Ultra Japan)は、毎年9月にお台場で開催されているエレクトロニック・ダンス・ミュージックのイベント。

エレクトロニック・ダンス・ミュージックのイベントとしては日本最大級であり、2015年度は3日間で約9万人、2016年度は約12万人が訪れた[1]

ウルトラ・ジャパン - Wikipedia

 簡単に言うと、都市型のEDM(エレクトロダンスミュージック)のフェスです。

海外の有名DJが人気曲をひっさげ、ステージで爆音でDJプレイしてくれます。

私の独断と偏見で感じた印象を言えば、大規模野外クラブと行ったところです。

クラブ好きの方でしたら、名前は聞いた事があるのではないでしょうか。

3日間、11時〜21時まで開催されます。

私が今年行ったのは初日。もちろん10時間会場にいましたよ!

 

準備①チケットの入手

まずは準備を振り返って行きたいと思います。

何はともあれチケット購入!

 

3月下旬よりチケットの先行販売が行われました。

今年は一般チケットにゆとりがあったようで、開催週ギリギリまでチケットが取れていたと思います。

仕事の予定が出た後でも十分間に合うと思います。

登場アーティストの発表は7月ごろ、どのアーティストがいつ登場するのかわかるのが8月ごろでしたので、それを待つのも手ですね。

ただ、VIPやVVIPと言う限定チケットがありまして、それらは急いで購入した方がいいかも知れません。

特設のラウンジに入場できたり、メインステージへのVIP専用の近道があったりと特典があります。

 

 

料金は

一日券15000円

VIP  30000円

二日券29000円

三日券42000円

でした。

ネットでクレジットカードで購入し、近くのコンビニでチケットを受け取りましょう。

 

準備②当日の持ち物

一つずつ解説します

チケット

言わずもがな。入場できなくなってしまいます。

カッパ

当日コンビニ等でも購入できます。

私はコンパクトに畳めるウィンドブレーカーを持って行きました。今回は天気が悪かったので大いに活躍しました。夜は気温も落ちるので防寒の意味でも必須かと思います。

お金

これも言わずもがな。会場内にはお酒やフード、会場限定の物販がありますので、予算を決めて持っていくといいかと思います。長財布など大きめの財布をお持ちの方は、会場で邪魔になるので小さいものに詰め替える事をおすすめします。

顔写真付きの身分証明

入場の際に必要になります。

サコッシュ

必須ではないですが、あると大変便利です。

ポケットに入れておくより、チャック付きの入れ物があるだけで安心感があります。

サングラス

雰囲気作りにもなります。

帰りの着替え

一日野外で騒いでいると、嫌でも汗で濡れてしまいます。Tシャツが一枚あるだけで帰りも快適です。私は速乾素材のTシャツで臨んだので、帰りには乾いていて寒い思いはせずに済みました。ただ、汗臭いのは気になりましたね…

 

 

会場の外にクロークとロッカーがありますので、会場で邪魔になるものはそちらに入れましょう。

クロークが4000円で、荷物の出し入れはできません。

ロッカーは2000円と安く、出し入れも自由なのでおすすめです。

ただ、あまりサイズが大きくないので、荷物は少なめにする方がいいでしょう。

私は大きめのリュックできてしまったので、一緒に来ていた仲間(の荷物)に窮屈な思いをさせてしましいました。

 

 

準備③当日の服装

服を選ぶ上で注意したこととしては

 

・動きやすいもの

ジーパンはストレッチ素材のものにしました。長ズボンでも気にならずに音楽に乗る事ができました。

・汗や雨で寒くならない

上下共に速乾素材の物を着用していたので、着心地もずっとよかったですし、夜に寒い思いもせずに済みました。

・靴は履き慣れたものを

意外と歩くし、ステージ近くだと踏まれる

 

といったところです。

 

「URTLA 服装」でググる

・奇抜

・ほぼ裸

だとか、過激なワードや画像がよくヒットします…

「一体どんな格好で参戦すればいいんだ…」と悩まれる方もいるかも知れませんが、意外と普通の格好をしている人ばかりでしたので、あまり気張って服を決める必要はないかと思います。

 

最終的に、自分は至極無難に白Tシャツにジーパン、KEENのサンダルUNEEK) で参戦しました。

全く問題なかったです。

一緒に行く人とコンセプトを決めて、お揃いファッションにすると仲間意識が生まれて楽しいと思います。

ド派手な衣装で身を包んでいる方もいらっしゃいましたので、ファッションから非日常を楽しむのも勿論いいかと思います。

 

 

会場での過ごし方

f:id:hayashi8shinji:20180923000147j:plain

まず会場の「お台場 Ultra Park」に到着したら

荷物をロッカーやクロークに預けて、ID(身分証明書)のチェックをします。

 

11時前後に到着したのですが、駅も会場も空いていてスムーズに入場する事ができました。

会場は広く、ゆっくり過ごす事もできますので、早めに入場する事をオススメします。

 

少し困ったのはトイレですね。

一箇所しかないので、観客が増えてくるとそれなりに並びます。

見たいアーティストを見逃さないように、尿意を感じる前に並んでおいた方がいいですね。

場合によっては一旦会場から出て、最寄りのトイレを探した方が早いかも知れません。

 

自分はほとんどメインステージにいましたが、疲れたら他のステージに行くのもいいと思います。

食事の際に立ち寄ったウルトラパークステージもいい盛り上がりをしていました。

 

メインステージ内もかなり広いので、後ろの方で観戦するぶんにはあまり疲れずに参加できるかと思います。

真ん中のあたりに喫煙スペースがあったのですが、そこに大型スクリーンとスピーカーがありますので、十分迫力があります。(友人に「それじゃyoutube見てるのと一緒」と言われてしまいましたが…)

 

盛り上がってくると、ステージ近くへ行きたくなるものです。

音の迫力もすごいですし、引き寄せられてしまいます。

今回初参加して学んだ事ですが、ステージ近くに行けば行くほど激しい観客が多いように感じます(笑)

多少激しく踊っている人はまだかわいいですが、酔ってフラフラしている状態で肩車しようとしている人が近くにいると、心配で音楽どころではなくなってしまいます(笑)

感極まったのか、クライマックスで、真後ろでホイッスルを鳴らしまくってる方もいました。さすがにドン引きしました…

 

自分の感覚だと、程よく踊れて音楽に集中できるのは真ん中あたりだったかなーと思いました。

その気になれば、かなり前の方まで行けるので、初ウルトラの方はガンガン攻めて前の方に行くのもいいかと思います。

ただ、テンション上がりすぎて周りの迷惑にならないようにしたいですね。

 

 

終了後

f:id:hayashi8shinji:20180915205939j:plain

楽しかったULTRAにも終わりがきてしまいます。

21時頃にフィナーレとなるのですが、最後までアーティストの近くにいたい気持ちを抑え、メインステージの出口付近でフィナーレを楽しみました。

終了後はかなりの混雑が見込まれましたので、それを回避する目論見がありました。

出口付近は道幅も狭いので、混雑するとかなり窮屈な思いをすると思います。 

目論見は成功し、スタートダッシュを決めることができました。

疲れた体にムチを打って、バタバタと駅に向かいましたが、おかげで電車内も空いていて、URTLAの余韻に浸りながら帰ることができました。

 

自分たちはこの後最寄り駅で軽く食事をとり、解散しましたが、不完全燃焼の方はアフターパーティに参加するといいかと思います。

有名クラブでアーティストが再演してくれます。

どのアーティストがどこのクラブで回すのかを事前に調べておくと、スムーズに向かうことができると思います。

 

 

これでURTLA JAPAN 2018の振り返りを終えたいと思います。

来年以降行きたいと考えてる方が

少しでもイメージが掴めたら幸いです。

ブログを書く事の意義について考えてみた

ご無沙汰しております。じょぶでございます。

気づけば夏が終わり、9月も中旬に突入。夜は秋らしい気温になってきました。

 

さて、しばらくブログの更新が滞っていたので、自分に喝を入れるために、どうして自分がブログを始めたのか振り返ってみたいと思います。

 

自分語りのつまらない文章だと思いますが、お暇な方はお付き合いいただけると幸いです。

 

①お小遣い稼ぎになると思ったから

人間何事も下心から…

 

あれ、私だけ?!

正直なところ、これが最初の理由でした。

我々は消費者、物に支配されています。(最近「ファイトクラブ」という映画をみました。つい引用)

 

バシバシ買い物をして、銀行の残高が一向に増えない現状に漠然とした不安を感じていました。

もし、私が買った商品の良し悪しを自分なりの表現で共有し、それが収入に繋がるとしたら、それは素晴らしいことと考えたのです。

下心満載の動機で始めましたが、今となっては趣味の一環として続けて行ければと思っています。

簡単に金儲けなんてできない事は理解しています。

 

Instagramの補完として

現在いちばん熱いSNSとして有名なInstagram(これまた私の主観ですが)

写真を主役にする事で、直感的に自分の近況報告ができる事で素晴らしいツールだと感じており、自分も積極的に投稿しています。

 

しかし、文章で自分も表現する事も大事にしたいと思ってしまいます。

私が初めて始めたSNSmixiの影響でしょうか。

 

自分の投稿に興味を持って「この人どんな人なんだろう」と感してくれた人に「私はこんな人ですよ!」と伝える場としてブログを見出したのかも知れません。

mixi全盛期の頃は「日記」がその役割を果たしていたと思いますが、よりオープンで伝えてる感のあるブログは当時よりハマりそうな予感がしています。

 

③文章力を鍛えるため

小学生の頃は、長期休暇の際に読書感想文という宿題がありました。

懐かしいですね。

その頃は何度か表彰される程度の文章力がありましたので、作文というジャンルに感しては自信があったつもりでしたが、年々文章を書く機会が減った事でずいぶんその能力が落ちたように感じます。

 

大学の頃にレポートを真っ赤になるまで添削されたときは、自尊心が大きく傷付いたのを覚えています。

何事もやらなければ衰えていきますので、努力を怠った自分がいけないのですが、今後も文章を書く機会が少なからずある職業についてしまったので、諦めるわけにもいかなくなった訳です。

 

論文とは色が異なるジャンルではありますが、「人に見られる文章」を書くという習慣は自分にとって力になると感じています。

 

④PV数が増える快感を知ったから

現在はネタ不足により、投稿が滞っていますが(ブログと一緒ですね…)

ニコニコ動画に実況車載動画を投稿しています。

ドライブしながら近況報告するという誰得動画ですが、一番伸びている動画は5000再生を超えていて、再生回数が伸びるたびにニヤニヤしていました。

 

誰かが自分のやっている事に興味を持ってくれるという事はこんなに嬉しい事なのかと感じました。

 

車は移動の手段であって、運転が目的になる機会は少ないですが、ブロクは色々なジャンルで自分の近況を報告できると考えたのです。

余談ですが、車の運転は好きなので、今後も動画投稿は続けていくつもりです。

 

⑤自分の知識の整理のため

人に教えることができるという事は、その事柄について自分の知識として身についていないといけないという事を学生時代のバイト経験で学びました。

にわか知識で書いている記事も多々ありますが、「これであってるっけ?」と自分の知識に疑問を持つ機会が増えたように感じます。

 

記事を書く事で、そのジャンルに感して学ぶ機会が増えたように感じます。

これは日常生活でも大切な習慣だと思います。

 

 

 

不規則な生活を送っているせいか、なかなか習慣づけることが苦手な自分ですが初心に帰ることができたように感じます。

隙間時間を使って、今後も自分を表現していけたらと思います。

 

 

 

 

 

MPVの近況報告

しばらく更新が遅れてしまいました。

主にMPVのカスタムを行っていました。全てDIYだったので手間がかかってしましました。

全て記事にあげたいと思っていますので、メモがわりに行ったことを箇条書きにして行こうと思います。

 

①名義変更、ナンバー取得

シガーソケット増設、ドライブレコーダーの設置

Amazon Fire Stickの車載

④バッテリー上がり、バッテリー交換

⑤ルーフボックスの取り付け

⑥刷毛塗り全塗装

 

こんなところでしょうか。

随時まとめて記事にしていきたいと思います。

 

挫折を味わいつつiTunesからGoogle Play Musicへ曲をアップロードした話

前の記事で数年ぶりにCDを借りた話をしました。

昔はWalkmanやMP3プレイヤーを使用していたため、頻繁にCDを借りる機会がありましたが、スマホで音楽を聴くようになってから、めっきりその機会が減りました。

その状況は現在も変わりませんが、なぜ今になって急にCDを借りたかと言いますと、現在愛用している「Google Play Music」で50000曲までアップロードできる事を知ったからであります。

 

やり方

いたって簡単です。

chrome版アプリGoogle Play Music」をインストールし起動→左上の三本線のマークをクリック→「音楽をアップロード」→表示された画面に入れたい曲(アルバム)をドラックアンドドロップ

これでアルバムが、ジャケ画までそのままアップロードされます。

スマホ側で確認すると、配信されている曲か自分で入れた曲かわからないぐらいシームレスに視聴することができます。

曲名やアーティスト名で検索すると「マイライブラリにあります」という項目の下にCDや曲があることがわかります。

 

さて、一応希望通りの結果を得ることができたわけですが、記事にしたということは上手く行かなかったことがたくさんあったわけです…

 

挫折①WAVファイルはアップロードできない

前回(この記事を書いている時系列では昨日)苦労して無損失でCDをデータ化したわけですが、まさかのGoogle Play MusicはWAVに対応していないということです…

いずれの形式(コーデック)でもMP3に変換されてしまうので、音質の問題は無いのですが、昨日の苦労は自分の現在の音楽視聴環境には無意味なことだったということです…

 

気を取り直して、WAVを対応のコーデックに変更して行きます。

 

挫折②iTunesでWAVをCDのように取り込めない

Windows Media Playerから管理するのは難しいことがわかりました。

手っ取り早く変換するにはiTunesが良いのでは無いかと考え、早速ダウンロードすることに。

iTunesなら使用している人も多いので情報が入りやすいと考えました。

前の記事で若干ネガティブな発言をしてしまったのに、結局使用するという…

 

iTunesをダウンロードすると、早速WAVファイルを変換してライブラリに保存してくれました。

しかし…

曲名は正しく表示されていますが、アーティスト名も、アルバム名も全て空欄になっています…なぜだーーー

 

何か方法があったのかも知れませんが、ここで心が折れてしまい、iTunesにCDを直接読み取らせることにしました…

ジャケ画の取得はワンクリック、アーティスト情報も正確、こりゃ楽だー…

 

 

ということで、回り道をしましたが、やはり多くの人が使っているものは、使いやすいということがわかりました。

大量のCDを一から読み込ませ直すのはかなり手間ですが…

とほほ…

 

「CDをパソコンに取り込む」ことに苦労した話 その2

前回の記事の続きです。

前回は「CDを高音質(無劣化)でNASに保存したい」という話でした。

hayashi8shinji.hatenablog.com

 

結論から言うと、紆余曲折あって何とか思っていた通りのことができる環境が整いました。

どこに躓いたのか、どのように解決したかをメモしていきます。

前回の記事の通り、こだわりがあったり、ややこしい環境での作業であったため、この記事が役立つ方は少ないと思いますが、あくまで自分メモ的に書いていきたいと思います。

 

つまづき①仮想OSにNASが認識されない!

さっそく元も子もない状況です。

共有しやすいという利点で始めたのに、仮想OSでNASが認識されません…

以前は認識されていたはずなのに…

 

まずは現在の環境の整理をします。

パソコンはMacPro、もともと「macOS」というApple製のOSが入っていましたが、Windowsを使用したいためParallelsというソフトを使用してWindowsの仮想OSを組んでいます。

わかりやすく言うと「Macの中にWindowsが動いてる」わけです。

f:id:hayashi8shinji:20180530005607p:plain

こんなややこしいことをしているため、一筋縄ではいかないわけです。

原因として、Macを挟んでいるせいか、ネットワークの名称がわからない状態でした。

ふつうwifiの名前が表示されるはずなのですが。

困ったときは、Google先生に頼るに限ります。

 

 

 

Parallelsの設定画面から

「処理」→「構成」→「ネットワーク」→「ソース」wifiに変更

 

これで仮想osが同一ネットワークにNASがあることを認識してくれます。

認識されたらNAS側の設定でエクスプローラー上にマウントしてやれば外付けHDDと同じように扱うことができます。

詳しくはNASの説明書やネットで調べるのがいいと思います。

 

 

つまづき②CDが取り込めない!

保存場所が認識されたので、いよいよCDを取り込んでいきます。

そのままではWMAという形式(難しく言うとコーデック)に変換されて保存されます。

これだと音質が劣化してしまいますので、前回の記事でも書いたWAVの形式に変更します。

 

設定を終えて、「取り込み」をクリックしたところ、このような表示が…

f:id:hayashi8shinji:20180529232644j:plainまさかコピーガード?この数年で変わってしまったのか?

とも思いましたが、冷静になってGoogle先生に聞いてみました。

 

原因は、CDデータの保存先が未設定になっていることでした。

解決方法は

WindowsMediaPlayer左上「整理」→「オプション」→「音楽の取り込み」

→「取り込んだ音楽を保存する場所」→「変更」任意のフォルダを選択

同じ画面で音質と取り込みの設定もします。

「取り込みの設定」→形式一番下「WAV(無損失)」

→「CDの取り込みを自動的に開始する」チェック

→「取り込み後にCDを取り出す」チェック

最後に「OK」か「適用」を押して設定を閉じる。

これで片手間でどんどんCDを取り込むことができます。

設定が正しいかダメ押しで確認しておきましょう。

「整理」→「ライブラリの管理」→「音楽」

→ライブラリの場所に設定した任意のフォルダがあり、「規定の保存場所」になっている。なっていなかったら右クリックして「規定の保存場所に設定」

 

これで一度WindowsMediaPlayerを閉じて、もう一度開き、設定がうまくできているか再度確認してみてください。私の場合は二回ほど読み取れなくなることがありましたが、ソフトの再起動で問題なく取り込みを行えるようになりました。

 

誰かの参考になれば幸いです。

「CDをパソコンに取り込む」ことに苦労した話 その1 

パソコン初心者か!と突っ込みたくなる題名ですが…

本当に一時間ほど格闘してしまいました笑

 

f:id:hayashi8shinji:20180529215540j:plain

車で流すBGMを借りようと思い立ち、ツタヤとゲオで合わせて15枚もCDを借りてしまいました。

現在、私はgoogle play musicの有料会員であるため、あまりCDを買ったり借りたりすることはしません。

振り返ってみると、最後にCDを借りたのは7、8年ぐらい前だったかもしれません…

5年ぐらい前にCDを買ったことはありましたが、「手元にあるからパソコンに落とすのは後でいいだろう」ということで、放置していました(笑)

 

そんなわけで、かなり久しぶりの「CDをPCに落とす」という作業ですが、CDをDVDドライブに入れれば自動的に保存されるだろうと思っていました。

確かに、こだわらなければそれですぐにできたと思います。

今回の件がブログのネタになるとも思わなかったです(笑)

忘れっぽい自分のためにも、どこにこだわって、どこに苦労したのか記録に残しておこうと思います。

 

 

こだわり①Windowsで音楽を管理したい!

現在メインで使用しているパソコンはMacPro 2015モデルです。

Macを勉強したい、動画の編集をしたい、スタバでドヤ顔したい…

そんな理由で購入しました。

こちらのパソコンでMacは二台目ですが、なかなかwindowsの使い勝手から離れられず、MacWindowsを入れて使用しています。

例えるなら

「留学してるけど日本語の話せる友達しかいないから英語上達しない!」

って感じでしょうか(笑)

 

ここからは言い訳になりますが、Apple製品、特にiphoneを使用している人は数多くいますが、パソコンはWindowsという人が多いのではないでしょうか。

私の友人の多くはそうです。

職場のパソコンもすべてWindowsですし、自分のよく行くマンガ喫茶windowsです。

家族用のパソコンも、サブのタブレットwindowsですので、複数の端末でデータを共有したり、編集するにはwindowsの規格に合わせたほうが私の場合が都合が良かったわけです。

 

そういった理由で、iTunesに丸投げはしなかったのです。

 

こだわり②高音質で保存したい!

さて、windowsで保存すると決まったので、使用するアプリを考えなければいけません。

音楽管理アプリはいろいろありますが、私は素直に「Windows Media Player」を使用しました。

 

少し脱線しますが、過去の音楽データ管理について振り返っておきたいと思います。

以前はWalkmanを使用していたため、ソニー製の音楽管理アプリ「xアプリ」を使用していましたが、動作が重く、仕方なく使っていた記憶があります…

また、「xアプリ」用に音楽が変換されてしまうため、Walkmanでしか音楽が聞けないという欠点もありました。

過去に借りたCDのデータは前のクラッシュしたパソコンと同じ運命を辿ってしまいました…

音楽データとともにWalkmanとお別れしたあとは、安いMP3プレイヤーを使用した時期もありました。

自分が中高生のころは音楽といえばMP3のイメージでしたが、現在はハイレゾの時代ですし、特許が切れて扱うメーカーも少なくなっていくようです。MP3は今後衰退していく運命でしょう。

時代によって音楽データも扱われ方も変わっていくようです。

 

と、いうわけで今回は「変換される前の状態で保存し、そのときの自分の視聴環境にあった形式に変換していく」という方法をとりたいと思いました。

ベストはCDに入っているデータをそのままを保存しておくことです。

 

よって、無損失でパソコンに保存できる「WAV」という規格でデータを保存していきたいと思います。

 

 

こだわり③データはNASに保存したい!

NASとは、簡単にいうと「ネットワークに繋げる外付けHDD」といった物です。

以前はUSB接続のHDDを使っていましたが、こちらもパソコン同様クラッシュした経験があります。

バックアップを取るために使っていたものが壊れてしまうのは、精神的ダメージが大きかったです…

 

昔に比べ、HDDの値段は安くなりましたが、何個も持っておいて定期的にデータをコピーするのは面倒ですし、動画編集のために外に持ち歩くのもスマートではありません。

クラウドサービスの利用していますが、動画を扱うとなるとデータ量が多く、無料のプランでは限界があります。

そこで、NASを使えば自動でバックアップもとってくれるし(機種によります)、ネットに接続できる端末であれば、自由にデータを出し入れすることができます。

 

私が使用しているのはSynologyというメーカーのNASです。

中に2台のHDDが入るようになっていて、データを入れると2つずつ、それぞれに保存してくれます。

つまり、片方のHDDが壊れても、常にもう一方にバックアップが取れている状況になっているわけです。

 

音楽データをここに保存しない理由はないですね。

パソコンに一度保存してからNASに移してもいいのですが、15枚分のCDのデータを移すのも面倒ですし、今後CDを増やしたくなったときも直接保存してくれたほうが楽ですので、

CDをパソコンに入れる→WindowsMedoiaPlayerがCDをWAVに変換→NASへ保存

の流れをスムーズに行っていくように設定したいと思います。

 

 

長くなってしまったので、今回はここまでです。

次回は苦労話です。

 

ちなみに記事を書き始めて、ここまでで9枚のアルバムがパソコンに取り込まれました(笑)

2枚組のアルバムもあるので正しくは12枚なので一枚あたり8分ぐらいかかっています。

無劣化は時間がかかりますね…

 

 

マツダMPVにパナソニックのナビ(cn-f1xd)を取り付けてみた

長野で購入したMPVが、陸送で千葉県までやってきました。

新しい車の愛車紹介もしたいところですが、記憶が新しいうちにナビ取り付けの備忘録を残しておきたいと思います。

 

初めてのナビ取り付け…非常に苦労しました…

あまり写真を取る余裕がなかったので、文章が多めになる事をご了承ください。

 

 

購入しようかしたナビ、cn-f1xdについて

パナソニック製のフラッグシップモデルのナビになります。

9インチの液晶モニターは張り出し型になっており、取り付けできる車種が多いことが特徴です。

大画面ナビの多くが車種専用設計ですが、古い車種であるMPVにも取り付けできることが購入の決め手です。

しかし、車種によってはコンソールを塞いでしまうこともあるようなので、ホームページで対応車種を調べておくことをおすすめします。

外部入出力も整っていたので、今後何かと拡張したくなった時も役に立つと思っております。

 

弱点は少々高額であることと、仮付の際にモニターを取ったり付けたりするのが少々面倒であることでしょうか。

 

 作業の前にバッテリーのマイナス側を外すのを忘れずに!

 

 

①センターコンソールパネルの取り外し

それでは取り付けです。もともとこの車には、ディーラーオプションであったパナソニック製のナビがついていました。

古い車種ですが、配線類の流用を期待しつつ、センターコンソールを外していきます。

外し方は諸先輩方の手記を参考にしました。

 

まず、エアコンのコントロールパネルの下のくぼみに手をかけ、真後ろに力をかけます。

そうすると、比較的軽い力で掛かっていた二本の爪が外れて、パネル下部が浮いた状態になります。

 

次が苦労しました…

今度はコントロールパネルの上部を外したいのですが、手をかける場所がない。

エアコン吹出口とコントロールパネルの隙間に内張り剥がしを差し込み真後ろに引っ張る方法が紹介されていましたが、うまく行かず内張り剥がしが尊い犠牲になりました…

仕方なくネットでいろいろ調べていると、ガムテープをコントロールパネル上部に数枚貼り付け、ガムテープを取っ手代わりに引っ張る方法を見つけ、実践したらうまく行きました。

しかし、力加減が難しく、そのまま配線までちぎってしまうのではないかと心配しながらの作業でした。

 

センターコンソールパネルを固定している詰めが全て外れたら、配線のカプラーを外していきます。返しが付いてるので、指で押さえながら外します。

ハザードランプとAMBに一つずつ、エアコンコントロールパネルに三つ、合わせて五ヶ所にカプラーがあります。

これでセンターコンソールパネルが外れます。

 

②古いナビを外す

もともと付いていたナビを外します。

専用のステーが付いていますので、車体とステーを停めている4つのネジをドライバーで外します。

 

そうするとナビがフリーな状態になるので、落ちないように支えながらコネクター類を外していきます。

ネクターにも返しがついているものがあるので、片手での作業は難航しました。

シフトノブにナビを置きながらやりましたが、あまりいい方法とは言えませんね。

 

 外れたナビからステーを外して終了です。

 

 

③新しいナビの取り付け

いよいよ新しいナビの取り付けです。

古いナビと互換性があったのは、電源類のコネクターGPSのみでした。

 本来でしたらGPSなども付け替えをしたかったのですが、配線が複雑で断念しました。

今の所、案内も正確ですのでこのまま様子を見ようと思います。

 

新たに配線し直したのは、リバースコード、車速センサー、サイドブレーキ、バックカメラ、地デジ受信アンテナです。

 

リバースコードは、前のナビ配線を切ってカプラーで再配線しました。

車速センサーは配線がわからず、そのままにしてあります。

サイドブレーキはボディアースへ。

バックカメラが苦労しました…もともと付いていたものはパナソニックの専用端子のものでしたが、新しいナビの入力側はRCA端子になっています。

専用端子→RCA端子の変換プラグも販売あるようですが、古いものだし在庫もあるか不明だったため、RCA端子に再配線することにしました。

バックカメラ側の配線を切ってみると、作りはRCA配線と同じように、真ん中にプラスの銅線があり、それを囲むようにマイナスの銅線が配置されていました。

プラスマイナスを間違える心配もなさそうなので作業続行。

カプラーでプラスとマイナスそれぞれを配線し、ショートしないようビニールテープをまきます。

熱収縮チューブを使用したほうが見た目もスマートですし、耐久性もあると思います。

最後に全体をビニールテープで巻いて終了です。

苦肉の策でしたが、ちゃんと認識してくれているので一安心しました。

 

地デジ受信アンテナは、アンテナシールをフロントガラスに貼らないといけませんが、古いシールが邪魔で貼れませんでした。

シール剥がしや脱脂剤を買ってからの作業になるので、とりあえず配線だけ通して終わりにします。

 

④仮止めと動作確認

さて、配線が終わったら動作確認をします。

 

古いナビについていたステーを新しいナビにつけ直し、車体側に仮止めします。

センターコンソールパネルはつけずに、ナビのモニターをつけて、エンジンをかけます。バッテリーのマイナス側を戻すのを忘れずに。

 

モニターに画面が表示されること、ラジオを受信し音声が出ること、バックギアに入れた際にバックモニターが作動することを確認します。

どれかが上手く動作しなければ、配線間違いか初期不良を疑いましょう。

幸い、すべて正常に動作しました。

 

 

⑤センターコンソールを戻す

最後にセンターコンソールを戻します。

モニターを一度外し、センターコンソールパネルを元の位置に合わせます。

はじめに外したカプラー類5つを元の場所に戻します。

配線を挟まないように注意しながらセンターコンソールパネルを戻します。

 

 

終わりに

やはり、慣れない作業は時間がかかります。

ほとんど一日がかりでした。

 

センターコンソールパネルの取り外しと、古い配線を外すのに苦労しました。

ディナーが取り付けた配線は、すごく奥まったところに隠してあり、無理に外そうと考えないほうが良さそうです。

フロントの内張りをすべて剥がす勢いだったので、途中で諦めました。

 

配線自体はそれほど難しくなかったので、次があるとしたらもう少し早く作業を行えそうです。

何事も経験ですね。

 

車速センサーを配線していないのが、今後どう影響するのかが気になります。

後日ツイーターを増設する予定なので、その時に配線し直す予定です。

それまでに不具合が生じればまた報告します。